ペット サプリ 目

ペットサプリで目を守る @目の病気は8歳以降に発症率が急増

わたし

 

うちのペットも手術するほどではないのですが、目が悪いです。

 

このペットサプリを飲ませています。

 

現在10歳になりましたが、悪化はしていません。

 

これからも続けていこうと思います。

毎日愛眼
毎日愛眼 【成分材料】ブルーベリー・ルテイン・グリーンプロポリス・アスタキサンチン・メグスリノキ・ムラサキイモ
【販売金額】初回980(税込)送料無料・2回目以降2,498円(税込)送料別
【容量】1袋60粒
【体重別】〜5kgで2粒、5〜10kgで3粒、10〜20粒で4粒、20kg〜5粒
※ペットが食べなくても安心。商品到着から30日以内なら全額返金保証で解約OK。

 

⇒ 詳細はこちら

サプリメントの栄養と効果的な飲み方

ペット1

ペットフードだけでは不足しがちな栄養素を、サプリメントを利用することで効率的に取り入れることが可能です。

 

特に、目に関する栄養は普段のペットフードから補うのは難しいようです。

 

効率よく栄養を補うには、常に正しいサプリメントの飲み方をすることが重要です。

 

せっかくのサプリメントの栄養が、飲み方ぐらいでさほど変化はないだろうと、適当なサプリメントの使い方をしてしまうと、もったいないことになってしまうのではないでしょうか?

 

サプリメントの飲み方を間違えると、栄養成分の過剰摂取などで、体に悪影響が出ることも考えられます。

 

サプリメントを扱う時に大事なことは、目の病気で薬を処方されていないか、他のサプリメントを使っていないかあらかじめ確認しておくこと。

 

おすすめなのは、薬を飲んでいるペットはサプリメントによっては、飲み合わせの問題が発生することもあるので、かかりつけの獣医に相談することです。

 

食事と一緒に摂取することが、ペット用サプリメントの基本だといいます。

 

栄養の吸収が悪くなることが、飲み物などでサプリメントを摂取することによってあり得ます。

 

空腹時に飲むと胃に負担がかかることもあるので、サプリメントであってもなるべく食事と一緒に食べたほうがいいようです。

 

サプリメントによっては、栄養分を摂取すべき時間が違うこともあるので、使用上の注意を確認し、指定された時間にサプリメントを摂取するようにしましょう。

 

目のためのサプリメントの品質を劣化させずに保存するため重要なのは、冷暗所に密封した状態で置くことです。

 

直射日光に当てると栄養が変質してしまう場合もあるので、ペット用でもサプリメントは常に適切に使っていき、心強い味方にしていきたいものです。

サプリメントの普及について

ペット2

サプリメントは、元々アメリカが発祥とされています。

 

アメリカは、病院での負担が高い国です。

 

そのためサプリメントで病気を防ぎ、医療費のかからない体を作ることが他の国より重視されたと考えられています。

 

日本国内でも、ペットフードやサプリメントの需要は伸び、使っている人も増えています。

 

国内ではほんの20年〜30年でサプリメントが使われるようになりました。

 

それ以前はほとんど知られていない存在でした。

 

食生活の変化や健康ブームなどの社会的な動きが、ペットフードやサプリメントを有名にしました。

 

ペットショップだけでなく、スーパーなどでもサプリメントが売り出し商品として並んでいることもあります。

 

目の栄養調整食品、健康食品、サプリメントなど、決まった名前はなくメーカー毎に呼称があるようです。

 

サプリメントという言葉が無かった時代にも、サプリメントや栄養補助食品は存在していました。

 

目のサプリメント以前からある健康補助食品で、ビタミンAやビタミンDの摂取が目的の商品です。

 

戦後の食糧難の時代、ペットの成長に必要な栄養素を確保するために、開発されたと考えられています。

 

現在の日本はペットが大事にされ、高カロリーな食事や過度の糖分摂取などから起こる生活習慣病、肥満といった病気にかかるペットが増えています。

 

サプリメントの利用者が増えているのは、食事だけでは目に必要なビタミンやミネラルが十分に補充ではない現状があるようです。